どんな基準で

小学生

少子化の時代、学習塾に入る人の数は減少しているのかと思いきや、意外とそうではありません。子どもに高い学力を身につけさせたいと願う親の思いから、学習塾へ通う子どもの低年齢化が進んでいます。 目的は人それぞれです。「苦手教科を克服したい。」とか「志望校へ合格したい。」とかそれぞれの思いは違いますが、学習塾人気は高まっています。 学習塾を選ぶ基準としていくつかありますが、「志望校合格率が高い。」とか「指導力のある講師陣がそろっている。」とか理由はさまざまでしょう。中には、難関校の合格率の高さで選ぶ人もいるでしょう。 最近の学習塾は、学校並みにサポートしてくれるところが多く、受験生にはより手厚く指導してくれます。

学習塾の合格率を上げる目的もあるでしょうが、塾の講師が親身になって進路指導をしてくれます。何より、最新情報をたくさんもっていますから、より正確な情報をいち早く手に入れることができるのも魅力のひとつでしょう。 また、その地域に根付いた塾であればなおのこと、地域ネットワークをはりめぐらし、より確かな合格ラインを知ることができるのも強みではないでしょうか。 基本、学校は大げさに競い合いをしませんが、学習塾は成績を明確にし、それに合わせたクラス編成をすることで、子どもたちの自覚とやる気を引き出しています。自分の目標をはっきりと持たせるために、各自がそれに向かって努力するサポート体制が整っているので、親としては安心でしょう。

目的に合わせて学習する

勉強を教える

教材選びをする際には、目的に合った学習内容の教材を選ぶ事が必須です。幼児向けの教材も多く出版されており、目的毎に教材があります。お子様に学ばせたい事を見据えて購入しましょう。

Read more...

受験対策をするために

子供

幼児の頃から学習をする子が増えています。お受験などがブームとなっており、子供の頃から英才教育を受ける子供が多いです。学習教材や塾など色々な方法で子供の学習方法を鍛えています。

Read more...

人気の指導方法

塾

近年多くの多くの学習塾で取り入れている指導方法が個別指導の方法です。この場合であれば、利用する生徒1人1人の学力に合わせて学習を進めるので、生徒のペースで学力を伸ばすことができます。

Read more...

Copyright ©2015 塾で小さな頃からジーニアス|未来へ紡ぐラーニング効果をゲッチュー All Rights Reserved.